総合 総合 詳報

  • 印刷
 8日、米ニューヨークでジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンを注射器に取る看護師(AP=共同)
拡大
 8日、米ニューヨークでジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチンを注射器に取る看護師(AP=共同)
 米ニューヨークで用意されたジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチン=8日(AP=共同)
拡大
 米ニューヨークで用意されたジョンソン・エンド・ジョンソンの新型コロナウイルスワクチン=8日(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は9日、米医薬品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)の新型コロナウイルスワクチン接種後に、血小板の減少を伴う異常な血栓が生じた深刻な症例が4件報告されたとして、安全性を巡る調査を始めたと発表した。

 3件は米国での接種で発生し、うち1件では死亡に至った。これとは別に治験段階で起きたものが1件あった。接種と血栓の因果関係は「現時点では明確ではない」としている。

 J&Jは「血栓症は全ての新型コロナワクチンで報告されている」などとする声明を発表した。

総合の最新
もっと見る

天気(5月13日)

  • 25℃
  • ---℃
  • 20%

  • 26℃
  • ---℃
  • 10%

  • 25℃
  • ---℃
  • 10%

  • 23℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ