スポーツ

  • 印刷
 聖火のトーチを掲げて走る田中和仁さん=10日午前、和歌山市
拡大
 聖火のトーチを掲げて走る田中和仁さん=10日午前、和歌山市

 東京五輪の聖火リレーは10日、和歌山県の2日目を迎えた。2012年ロンドン五輪の体操男子団体総合銀メダリストの田中和仁さん(35)が、9日にランナーを務めた体操の元五輪代表で妹の理恵さん(33)に続き、和歌山市でトーチを掲げて走った。

 最初に登場した和仁さんは、和歌山城近くの沿道に詰め掛けた人々に手を振りながら、ゆっくりと走って聖火をつないだ。理恵さんからは「200メートルの短い距離を楽しんで」と伝えられていたといい「貴重な経験ができた。トーチは重く感じなかった」と、さわやかな笑顔で振り返った。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ