スポーツ

  • 印刷
 陸上静岡県中部選手権の男子200メートル準決勝で20秒52をマークした飯塚翔太(左から2人目)=静岡県草薙総合運動場陸上競技場
拡大
 陸上静岡県中部選手権の男子200メートル準決勝で20秒52をマークした飯塚翔太(左から2人目)=静岡県草薙総合運動場陸上競技場

 陸上男子短距離の飯塚翔太(ミズノ)が10日、静岡県草薙総合運動場陸上競技場で行われた静岡県中部選手権の200メートルに出場し、予選で21秒43、準決勝は追い風1・3メートルの条件で20秒52をマークした。決勝は棄権した。

 地元・静岡での今季初戦で上々の結果を残し「気持ちよく走れた。4月としてはベストに近い。いい弾みになった」と話した。予選はコーナーで外に膨らんだことを反省し、準決勝は「内側をしっかり意識してうまく走れた」と修正した。

 3大会連続の五輪出場を目指し、5月3日の静岡国際で東京五輪の参加標準記録(20秒24)突破を狙う。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ