国際

  • 印刷

 【ウィーン共同】核兵器禁止条約の第1回締約国会議をオーストリアの首都ウィーンで「来年1月10日の週の3日間」開催する方針が決まったことが10日分かった。1月12~14日の開催を軸に関係国が最終的な日程調整を進めている。軍縮外交筋が共同通信に明らかにした。

 現時点ではオンラインではなく、関係者が集まる形での開催が計画されている。軍縮外交筋は「被爆者の役割は非常に評価され、重要だと判断されている」と、会議に何らかの形で参加が求められるとの考えを示した。

 日本政府は「唯一の戦争被爆国」としてオブザーバー参加すべきだとの声も上がるが、前向きな姿勢は見せていない。

国際の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ