国際

  • 印刷
 10日、中国・上海で卓球の親善試合を楽しむ米中両国の人たち(共同)
拡大
 10日、中国・上海で卓球の親善試合を楽しむ米中両国の人たち(共同)

 【上海共同】米中関係正常化のきっかけになった1971年の「ピンポン外交」から50年の節目を記念し、中国・上海市で10日、中国の学生や米国の総領事館関係者らが卓球の親善試合を行った。上海市人民対外友好協会など中国側が主催し、政治で関係が冷え込む中、融和を演出した。

 中国人と米国人が組をつくり、和やかな雰囲気の中、ダブルスでの対戦を楽しんだ。

 崔天凱・駐米中国大使は開幕式のビデオメッセージで「一部米国人は、絶えず両国の人文交流に制限を設けている」などと指摘。50年前の両国は今よりはるかに違いが大きかったが、ピンポン外交で互いを尊重し協力を始めたと述べた。

国際の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ