経済 経済 新商品

  • 印刷

 写真館運営のスタジオアリスが13日発表した2021年2月期連結決算は、売上高が前期比6・5%減の363億円、純利益が約2倍の24億円だった。新型コロナウイルスの影響で撮影件数が減った一方、低価格商品の取りやめなどによる客単価上昇とコスト削減が寄与し、増益を確保した。

 コロナ禍の影響で写真館の売上高(速報値)は20年4、5月に前年同月と比べ3割以下に落ち込んだ。その後は回復基調が続いたが、21年1、2月に緊急事態宣言再発令の影響で前年割れした。一方、商品メニューの見直しや、撮影と写真集のセット販売強化などで客単価が上昇した。

経済の最新
もっと見る

天気(5月15日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 29℃
  • 16℃
  • 60%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 29℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ