スポーツ

  • 印刷
 練習で涌井(左)、則本昂大(右)らと笑顔を見せる楽天・田中将大=楽天生命パーク
拡大
 練習で涌井(左)、則本昂大(右)らと笑顔を見せる楽天・田中将大=楽天生命パーク

 米大リーグから8年ぶりに楽天に復帰した田中将大投手が17日に東京ドームで行われる日本ハム戦で今季初登板することが決まった。右ふくらはぎを痛めて出遅れていたが、石井一久監督は14日、「何の問題なく順調にやっているので17日にこのままいけば投げる」と明らかにした。

 当初は開幕2戦目の3月27日に先発する予定だったが、開幕前日の同25日に仙台市内の病院で「右ヒラメ筋損傷」と診断されて登板を回避。チームに同行しながら調整し、4月10日にはブルペンで97球を投げ込むなど順調に回復していた。

 石井監督は「一番いい復帰のタイミングが17日だった」と説明した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(5月6日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ