経済 経済 新商品

  • 印刷

 総務省は14日、高速大容量の5G移動通信システム用の周波数の追加割当先を楽天モバイルに決定したと発表した。楽天はこの電波の運用を2023年3月ごろから4Gで始め、25年3月ごろから5Gで利用する計画。東京や大阪といった都市圏以外での5G通信網の拡大に活用する。

 5Gの電波はこれまでNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク、楽天モバイルの4社に割り当てられ、各社は昨年春から順次サービスを始めている。

 今回の追加枠は1社分で、携帯大手4社から申し込みがあった。楽天は「東名阪を除くエリアで基地局の開設を進め、快適な通信環境の構築に努める」とコメントした。

経済の最新
もっと見る

天気(5月6日)

  • 23℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 24℃
  • ---℃
  • 10%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ