生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 遊園地「横浜・八景島シーパラダイス」の水族館でお披露目された、コツメカワウソの赤ちゃん(右)=15日午前、横浜市
拡大
 遊園地「横浜・八景島シーパラダイス」の水族館でお披露目された、コツメカワウソの赤ちゃん(右)=15日午前、横浜市

 横浜市金沢区の遊園地「横浜・八景島シーパラダイス」内の水族館でコツメカワウソの赤ちゃん5匹が生まれ、15日に報道関係者に公開された。一般公開は16日から。

 5匹は報道陣の前で、餌のワカサギやアジを母親のムーアや父親のレラキから食べさせてもらったり、じゃれあったりした。2月4日に誕生した時、約8センチだった体長は現在20センチを超え、体重も約70グラムから500~600グラムにすくすく成長している。

 赤ちゃん誕生は01年以来。飼育スタッフの新井かおりさん(30)は「一緒にご飯を食べる姿や、両親による初めての子育ての様子を見に来ていただければ」と話している。

生活の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ