国際

  • 印刷
 トルコの首都アンカラで記者会見するチャブシオール外相(右)とギリシャのデンディアス外相=15日(トルコ外務省提供・ロイター=共同)
拡大
 トルコの首都アンカラで記者会見するチャブシオール外相(右)とギリシャのデンディアス外相=15日(トルコ外務省提供・ロイター=共同)

 【イスタンブール共同】トルコのチャブシオール外相とギリシャのデンディアス外相は15日、トルコ首都アンカラで行われた会談後の共同記者会見で非難の応酬を繰り広げた。東地中海の海底資源開発を巡る昨年の対立激化から転じて緊張緩和を目指して行われた会談だったが、対立の根深さが浮き彫りになった。

 約30分の記者会見は穏やかに始まったが、デンディアス氏が東地中海でトルコがギリシャの主権を侵害し続ければ欧州連合(EU)は制裁を科す可能性があるなどと指摘すると、チャブシオール氏は「わが国にとって全く受け入れられない非難だ」と反発した。

国際の最新
もっと見る

天気(5月16日)

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

  • 26℃
  • 20℃
  • 70%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 24℃
  • 19℃
  • 70%

お知らせ