総合 総合 詳報

  • 印刷
 17日、英ロンドン郊外で開かれたフィリップ殿下の葬儀に出席するエリザベス女王(ロイター=共同)
拡大
 17日、英ロンドン郊外で開かれたフィリップ殿下の葬儀に出席するエリザベス女王(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】英国のエリザベス女王は21日、95歳の誕生日を迎えた。夫として70年以上も連れ添ったフィリップ殿下が9日に亡くなり、親族は、女王が「大きな喪失感」を打ち明けたと告白。心身の状態を懸念する声も出ており、王室が一丸となって女王を支える構えだ。

 「女王は、自分の人生に大きな喪失感を覚えたと表現していた」。次男のアンドルー王子は語った。殿下の葬儀では、沈痛な面持ちでうつむく女王の姿が生中継された。

 数々の危機を共に乗り越えてきた殿下の死去。女王は殿下について、結婚から50年を迎えた97年のスピーチで「私の強さの源であり、支えであった」と表現した。

総合の最新
もっと見る

天気(5月15日)

  • 25℃
  • 19℃
  • 70%

  • 29℃
  • 16℃
  • 60%

  • 27℃
  • 19℃
  • 50%

  • 29℃
  • 18℃
  • 60%

お知らせ