国際

  • 印刷
 労働節に伴う大型連休を迎え、利用客で混雑する北京西駅=1日(共同)
拡大
 労働節に伴う大型連休を迎え、利用客で混雑する北京西駅=1日(共同)

 【北京共同】中国の文化観光省は6日までに、労働節(メーデー)に伴う今月1~5日の大型連休に国内旅行をしたのは前年同期比で約2・2倍の2億3千万人だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行前の比較できる数値と比べても3・2%増だったという。

 国内観光による収入も昨年の5連休に比べ約2・4倍の1132億3千万元(約1兆9100億円)だった。ただコロナ流行前の77%にとどまった。

 各地ではコロナ対策を強化。北京郊外にある万里の長城の観光スポット「八達嶺」や陝西省の華山、山東省の泰山ではオンラインでチケットを販売し、観光客の流れを分散させたと説明した。

国際の最新
もっと見る

天気(6月14日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ