スポーツ

  • 印刷
 エストニア戦でショットを放つ吉村=カルガリー(カナダ通信・AP=共同)
拡大
 エストニア戦でショットを放つ吉村=カルガリー(カナダ通信・AP=共同)

 【ニューヨーク共同】カーリング女子世界選手権第8日は7日、カルガリーで1次リーグが行われ、今大会での北京冬季五輪出場枠獲得を逃した日本代表の北海道銀行はエストニアを9-6で下したが、2018年平昌五輪金メダルのスウェーデンには5-7で敗れ、5勝8敗で終えた。

 既に1次リーグ通過を決めていたスイス、ロシア・カーリング連盟(RCF)として出場しているロシアの代表、スウェーデンに加え、デンマーク、カナダ、米国も突破し、北京五輪出場枠を獲得した。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ