国際

  • 印刷
 9日、ロシア・ウラジオストクの軍事パレードで公開された地対空ミサイル「S400」(共同)
拡大
 9日、ロシア・ウラジオストクの軍事パレードで公開された地対空ミサイル「S400」(共同)

 【ウラジオストク共同】ロシアは9日、第2次大戦の対ナチス・ドイツ戦勝76周年の記念日を迎え、実効支配する北方領土や極東各地で軍事パレードが行われた。対米関係が悪化する中、プーチン政権は軍備増強を誇示するとともに、国民の結束を訴え愛国心を鼓舞する狙いだ。

 昨年のパレードは新型コロナ感染拡大の影響で全国的に6月に延期され、北方領土では中止された。例年行われる戦没者らの写真を掲げる市民の行進「不滅の連隊」は感染防止のため今年もオンラインで実施。

 太平洋艦隊が司令部を置く極東ウラジオストクでは将兵ら約1600人が参加。地対空ミサイルなどが目抜き通りを行進した。

国際の最新
もっと見る
 

天気(9月21日)

  • 29℃
  • 22℃
  • 20%

  • 33℃
  • 20℃
  • 10%

  • 30℃
  • 22℃
  • 20%

  • 29℃
  • 21℃
  • 20%

お知らせ