社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 独立行政法人が発注した医薬品の入札で談合したとして、独禁法違反(不当な取引制限)の罪に問われた医薬品卸売大手アルフレッサ(東京)の元病院統括部長、五味信幸被告(62)ら3人と、法人としての同社は10日、東京地裁(須田雄一裁判長)の初公判で起訴内容を認めた。

 この事件では、他にスズケン(名古屋市)と東邦薬品(東京)の元幹部ら計4人、法人としての両社も独禁法違反罪で起訴され、いずれも起訴内容を認めている。

 検察側は冒頭陳述で、3社とメディセオ(東京)は遅くとも2004年ごろから受注予定業者や価格を事前に決め、医療機関の要請に協調して値引きを抑えたと指摘した。

社会の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 33℃
  • 16℃
  • 10%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ