経済 経済 新商品

  • 印刷

 井村屋グループ(津市)が10日に発表した2021年3月期連結決算は、売上高が前期比0・4%減の421億円、純利益が4・8倍の6億円だった。巣ごもり需要の拡大により主力のアイス「あずきバー」が好調だった。過去最多の2億9200万本売り上げた。

 新型コロナウイルス流行を背景とした健康志向の高まりで、小豆の商品が注目され、ようかんやおしるこ、ぜんざいなどの売り上げが伸びた。米国向けのアイスクリームの輸出が増えたことも利益を押し上げた。

 22年3月期の業績予想は、売上高410億円、純利益8億円を見込む。

経済の最新
もっと見る

天気(6月15日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 40%

  • 29℃
  • ---℃
  • 40%

  • 30℃
  • ---℃
  • 40%

お知らせ