総合 総合 詳報

  • 印刷
 参院予算委で立憲民主党の蓮舫氏(右手前から2人目)の質問に答弁する菅首相=10日午後
拡大
 参院予算委で立憲民主党の蓮舫氏(右手前から2人目)の質問に答弁する菅首相=10日午後

 菅義偉首相は10日の参院予算委員会集中審議で、東京五輪・パラリンピック開催と新型コロナウイルス感染症対策を両立する方針を重ねて強調した。中止を求める野党の質問に「選手や大会関係者が安心して参加できるようにし、国民の命と健康を守る」との答弁を連発。開催前提の立場は崩さなかった。立憲民主党の蓮舫氏は、強行すれば検査体制や病床確保に影響が出かねないとして「優先すべきは国民だ」と訴えた。

 五輪選手団への米ファイザー製コロナワクチンの無償提供を巡っては、代表選手からも懐疑的な声が上がっている。首相は「既存のワクチン供給(計画)には影響を与えない」と説明した。

総合の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 33℃
  • 16℃
  • 10%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ