経済 経済 新商品

  • 印刷
 ウォール街の標識(右)とニューヨーク証券取引所=11日(ゲッティ=共同)
拡大
 ウォール街の標識(右)とニューヨーク証券取引所=11日(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は大幅続落し、前日比473・66ドル安の3万4269・16ドルで取引を終えた。米経済活動の正常化に伴うインフレへの懸念が強まり、幅広い銘柄に売りが相次いだ。日本や欧州の株安を受け、投資家の不安心理も連鎖した。

 前日の取引時間中に3万5000ドルの節目を突破したことから、相場の短期的な過熱に対する警戒感も台頭。この日は下げ幅が660ドルを超える場面もあった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は小幅続落し、12・43ポイント安の1万3389・43。

経済の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ