社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 カルロス・ゴーン被告(左)、グレゴリー・ケリー被告
拡大
 カルロス・ゴーン被告(左)、グレゴリー・ケリー被告

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)の役員報酬を過少に記載したとして、金融商品取引法違反罪に問われた元代表取締役グレゴリー・ケリー被告(64)は12日、東京地裁で行われた初の被告人質問で「未払い分の報酬があったという認識はない。元会長との共謀はない」と述べ、改めて無罪を主張した。

 検察側は、高額報酬の公表を避けたかった元会長が、減額した金額を受け取って公表し、未払い分を退任後に受け取ることで日産側と合意したと指摘。ケリー被告は、元会長の指示で未払い報酬の支払い方法を検討したとしている。

社会の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 33℃
  • 16℃
  • 10%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ