社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 山本直樹容疑者(ツイッターから)
拡大
 山本直樹容疑者(ツイッターから)
 大久保愉一容疑者(クリニックのホームページから)
拡大
 大久保愉一容疑者(クリニックのホームページから)

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者への嘱託殺人罪で医師2人が起訴された事件に絡み、京都府警は12日、2011年にうち1人の父親を殺害した疑いが強まったとして、殺人容疑で医師ら3人を逮捕した。

 捜査関係者によると、逮捕されたのは医師大久保愉一容疑者(43)と医師山本直樹容疑者(43)、山本容疑者の70代の母親の3人。11年3月、共謀して山本容疑者の父親=当時(77)=を殺害した疑いが持たれている。

 捜査関係者によると、父親は当時、精神疾患のため長野県内の病院に入院していたが、山本容疑者らが転院を申し出て父親を連れ出し、父親は当日中に死亡したとみられる。

社会の最新
もっと見る

天気(6月18日)

  • 27℃
  • 23℃
  • 70%

  • 28℃
  • 19℃
  • 70%

  • 28℃
  • 22℃
  • 60%

  • 28℃
  • 20℃
  • 60%

お知らせ