国際

  • 印刷

 【ワシントン共同】米国務省は12日、世界の信教の自由に関する2020年版報告書を発表し、中国政府が宗教の抑圧を継続していると批判した。イスラム教徒の少数民族ウイグル族などへの人権侵害も指摘した。

 ブリンケン国務長官は記者会見で「中国は宗教の表現を幅広く犯罪とし、ウイグル族や他の少数民族への『人道に対する罪』を犯し『ジェノサイド(民族大量虐殺)』を続けている」と強調。ロシアやイラン、サウジアラビアでの宗教抑圧も非難した。

 報告書は「中国政府は、国家や中国共産党の利益を脅かすと見なした信者の活動や自由を制限し続けている」と明記した。

国際の最新
もっと見る

天気(6月17日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 20%

  • 27℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

  • 30℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ