社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 奈良市の奈良公園で国の天然記念物「奈良のシカ」をおので襲って死なせたとして文化財保護法違反などの罪に問われた、とび職吉井勇人被告(23)=三重県松阪市=は13日、奈良地裁(石川理紗裁判官)の初公判で起訴内容を認めた。検察側は懲役10月を求刑し、弁護側は寛大な刑を求めて即日結審した。判決は26日。

 証拠調べで検察側は動機に関し、被告が「大切にしている車をシカに傷つけられたと思った。一瞬にして頭に血が上り、殺すことしか考えられなかった」と供述したと指摘。犯行後に「気持ち良かった」と話していた、とする知人の供述調書も読み上げた。

社会の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 23℃
  • 20℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ