スポーツ

  • 印刷
 新型コロナウイルスに感染し亡くなった三段目力士、勝武士さんの命日に審判をする高田川親方=13日、両国国技館
拡大
 新型コロナウイルスに感染し亡くなった三段目力士、勝武士さんの命日に審判をする高田川親方=13日、両国国技館

 大相撲夏場所5日目の13日、新型コロナウイルスに感染した三段目力士、勝武士さん=本名末武清孝、山梨県出身、高田川部屋=が28歳で亡くなって1年を迎えた。命日に際し、関係者が改めて故人への思いを語った。

 師匠の高田川親方(元関脇安芸乃島)によると、午前7時ごろに部屋全員で黙とうをささげた。心境について「いろいろなことがあるので一言では言えない。みんな、勝武士と共にいると思っている。(力士は)恥ずかしくない相撲を取ってほしい」と神妙に話した。

 同部屋の関取衆では幕内輝が白星を挙げ「兄のような存在だった。今日は負けたくないと思っていた」と口にした。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月14日)

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 27℃
  • 20℃
  • 60%

  • 28℃
  • 21℃
  • 70%

  • 28℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ