生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷

 大阪府の吉村洋文知事は14日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種の際にキャンセルなどで余った分の扱いをルール化して公表するよう府内の全市町村に求める意向を示した。「廃棄も悪いが、余った分は事前にルール化するべきだ」と府庁で記者団に語った。

 厚生労働省の手引では、余ったワクチンの扱いは各自治体の判断に委ねられている。一方、住民に十分な説明がないまま余ったワクチンを首長らが打ち、公平性に疑義が生じるケースが全国で相次いでいる。

 府内では河南町長が高齢者向け集団接種の前に、接種会場の運営業務に当たることを理由に「医療従事者など」の枠で接種した。

科学・環境の最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ