スポーツ

  • 印刷
 20季ぶり2度目の優勝を果たし喜ぶ国学院大ナイン=神宮
拡大
 20季ぶり2度目の優勝を果たし喜ぶ国学院大ナイン=神宮

 東都大学野球リーグ第7週第2日は14日、神宮球場で2回戦が行われ、国学院大が中大を4-2で下して10勝2敗とし、2010年秋以来、20季ぶり2度目の優勝を果たした。6月7日に始まる全日本大学選手権(神宮、東京ドーム)に出場する。

 国学院大は1点を追う八回、押し出し四球、2犠飛で3点を奪った。中大は8勝4敗で2位。

 駒大が東洋大に11-2で大勝し、5勝目(7敗)を挙げた。立正大は亜大を3-2で破り、4勝8敗。同じ勝敗の東洋大とともに入れ替え戦に回る。亜大は6勝6敗。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 33℃
  • 16℃
  • 10%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ