社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 送検される山本直樹容疑者(中央)=14日午後、京都・南署
拡大
 送検される山本直樹容疑者(中央)=14日午後、京都・南署

 筋萎縮性側索硬化症の女性患者に対する嘱託殺人罪で起訴された2人の医師ら3人が、医師1人の父親を殺害した疑いで逮捕された事件で、父が死亡する約1カ月前から火葬や死亡診断書の作成など殺害計画をうかがわせるメールを3人が交わしていた疑いがあることが14日、捜査関係者への取材で分かった。

 また、息子で医師の山本直樹容疑者(43)が事件前、父靖さん=当時(77)=が精神疾患で入院していた病院の医師から、栄養を胃にチューブで直接送る胃ろうの手術を提案された際、「なぜ長生きさせようとするのか」と断っていたことも判明した。

 府警は14日、殺人容疑で3人を送検した。

社会の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 23℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

  • 24℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ