スポーツ

  • 印刷
 女子シングルスカル予選で1組1着となり、決勝に進出した米川志保=ルツェルン(共同)
拡大
 女子シングルスカル予選で1組1着となり、決勝に進出した米川志保=ルツェルン(共同)

 【ルツェルン(スイス)共同】ボートの東京五輪出場枠が懸かる世界最終予選は15日、スイスのルツェルンで開幕し、女子シングルスカル予選で米川志保(トヨタ自動車)は1組1着となり、16日の決勝に進出した。

 大会は当初、17日までの3日間で実施予定だったが、悪天候が予想されるため、レース日程が2日間に短縮された。

 男子軽量級ダブルスカルの西村光生(アイリスオーヤマ)古田直輝(NTT東日本)組は予選1組3着で、15日の敗者復活戦に回った。

 男子軽量級ダブルスカル、女子シングルスカルともに2位以内が五輪出場枠を獲得できる。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月13日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 80%

お知らせ