社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 名古屋出入国在留管理局の施設収容中に死亡したウィシュマ・サンダマリさんの遺影を持つ妹のワヨミさん=16日午後、名古屋市守山区
拡大
 名古屋出入国在留管理局の施設収容中に死亡したウィシュマ・サンダマリさんの遺影を持つ妹のワヨミさん=16日午後、名古屋市守山区

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設収容中に死亡したスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)の葬儀が16日、名古屋市内の斎場で営まれた。来日中の遺族のほか、支援関係者約80人が参列し、ウィシュマさんをしのんだ。

 スリランカ人僧侶がシンハラ語で読経。あいさつした妹ワヨミさんは「誰が責任を取るのか、私たちも分からない。死亡してから2カ月たつが、なぜ亡くなったのか、答えがない。お姉さんが大好きだった国でこんなことになり、信じられないです」と声を震わせた。

 遺族は17日に同管理局を訪問し、死亡の経緯の説明などを求めることにしている。

社会の最新
もっと見る

天気(6月16日)

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

  • 23℃
  • 20℃
  • 70%

  • 25℃
  • 21℃
  • 60%

  • 24℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ