スポーツ

  • 印刷
 広島の菊池涼介内野手
拡大
 広島の菊池涼介内野手

 プロ野球広島は17日、菊池涼介内野手(31)、小園海斗内野手(20)、正随優弥外野手(25)が新型コロナウイルスのPCR検査で陽性判定を受けたと発表した。管轄の保健所の調査で、チーム内に濃厚接触者はいないと判断されたという。

 球団によるとこの日、菊池涼に発熱があり、検査で陽性が判明。それを受けて1軍の監督、コーチ、選手、スタッフ計74人を対象に検査を実施し、小園、正随が陽性と判定された。他は結果待ちの2人を除いて70人が陰性だった。チームは18日から東京ドームで巨人との2連戦が予定されており、球団は独自の判断で選手を入れ替えて臨む方針。

スポーツの最新
もっと見る

天気(6月21日)

  • 30℃
  • 19℃
  • 10%

  • 33℃
  • 16℃
  • 10%

  • 31℃
  • 18℃
  • 0%

  • 33℃
  • 17℃
  • 10%

お知らせ