経済 経済 新商品

  • 印刷
 ニューヨーク証券取引所(AP=共同)
拡大
 ニューヨーク証券取引所(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】週明け17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落し、前週末比54・34ドル安の3万4327・79ドルで取引を終えた。米長期金利が上昇傾向となったことから、IT関連銘柄を中心に売りが優勢となった。

 物価上昇が進み、米連邦準備制度理事会(FRB)が金融引き締めに動くのではないかとの警戒感が売りを誘った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、50・93ポイント安の1万3379・05。メディア事業の統合を発表した通信大手AT&Tとメディア大手ディスカバリーは共に値を下げた。

経済の最新
もっと見る

天気(6月20日)

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

  • 27℃
  • ---℃
  • 0%

  • 30℃
  • ---℃
  • 0%

  • 29℃
  • ---℃
  • 0%

お知らせ