社会 社会 おくやみ

  • 印刷

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、収賄罪などに問われた衆院議員秋元司被告(49)と、共犯とされる元政策秘書豊嶋晃弘被告(42)の公判が18日、東京地裁で開かれた。無罪を主張する豊嶋被告は初の被告人質問で「認めれば裁判が早く終わると言われ、検察側の主張に沿って供述した」と述べた。

 起訴状によると、秋元議員は、IR担当の内閣府副大臣などを務めた2017年9月~18年2月、IR事業参入を目指した中国企業側から、現金300万円や接待旅行費計約760万円相当の賄賂を受け取ったとしている。豊嶋被告は共謀したとして在宅起訴された。

社会の最新
もっと見る

天気(6月13日)

  • 26℃
  • ---℃
  • 70%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

  • 27℃
  • ---℃
  • 60%

  • 25℃
  • ---℃
  • 70%

お知らせ