総合 総合 詳報

  • 印刷
 G7サミットの記念撮影を終え手を振る菅首相(中央)。前列左はバイデン米大統領、同右は英国のジョンソン首相=11日、英コーンウォール(代表撮影・共同)
拡大
 G7サミットの記念撮影を終え手を振る菅首相(中央)。前列左はバイデン米大統領、同右は英国のジョンソン首相=11日、英コーンウォール(代表撮影・共同)

 【コーンウォール共同】菅義偉首相は11日、英南西部コーンウォールでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、東京五輪・パラリンピック開催に向けた決意を表明した。新型コロナウイルスに直面する今こそ「人類の努力と英知で難局を乗り越えられることを日本から発信したい」と強調。各国に「強力な選手団を派遣してほしい」と呼び掛けた。経済面では中国などを念頭に、産業補助金をはじめとする市場を歪曲する措置は「G7の価値観と相いれない」と批判した。

 新型コロナ禍の中で五輪を開くリスクを指摘する声がある中、主要国のリーダーと国際社会に向け、開催の意向を明言する形となった。

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月2日)

  • 34℃
  • 27℃
  • 10%

  • 37℃
  • 24℃
  • 10%

  • 35℃
  • 26℃
  • 20%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ