社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 沖縄県豊見城市の旧日本海軍司令部壕で営まれた慰霊祭で手を合わせる参列者=13日午前
拡大
 沖縄県豊見城市の旧日本海軍司令部壕で営まれた慰霊祭で手を合わせる参列者=13日午前

 太平洋戦争末期の沖縄戦で、住民への以後の特別な配慮を訴える電文を旧日本海軍次官に送った海軍の大田実司令官ら幹部が自決してから76年となった13日、沖縄県豊見城市の旧司令部壕で慰霊祭が営まれた。新型コロナウイルス対策のため遺族は招待せず、規模を縮小して約20人が参列。動画投稿サイト「ユーチューブ」で中継した。

 施設を管理する沖縄観光コンベンションビューローの下地芳郎会長は「今日の平和と繁栄は戦没者の尊い犠牲の上に築かれた。世界恒久平和を、この壕から絶え間なく発信し続ける」と、追悼の言葉を述べた。

社会の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ