総合 総合 詳報

  • 印刷
 2019年12月、トルコのイスタンブール空港で防犯カメラに写ったマイケル・テイラー被告(右)(AP=共同)
拡大
 2019年12月、トルコのイスタンブール空港で防犯カメラに写ったマイケル・テイラー被告(右)(AP=共同)

 元日産自動車会長カルロス・ゴーン被告(67)のレバノン逃亡を支援したとして、犯人隠避の罪に問われた米国籍の米陸軍特殊部隊グリーンベレーの元隊員マイケル・テイラー被告(60)と、息子のピーター・テイラー被告(28)は14日、東京地裁の初公判で、いずれも「間違いない」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、マイケル被告がゴーン元会長の妻キャロル・ナハス容疑者(54)=偽証容疑で逮捕状=から、逃亡支援の依頼を受けたと指摘。その後、元会長がマイケル被告と携帯電話で連絡を取り、来日したピーター被告とも面会して、逃亡計画の打ち合わせを重ねたと説明した。

総合の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 30%

  • 31℃
  • 23℃
  • 30%

  • 34℃
  • 26℃
  • 20%

  • 34℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ