経済 経済 新商品

  • 印刷

 15日の東京商品取引所で中東産原油の先物が値上がりし、指標価格が一時、1キロリットル当たりで前日の清算値(株価終値に相当)比350円高の4万7110円に上昇した。節目の4万7千円を超え、2019年5月以来2年1カ月ぶりの高値を付けた。

 イラン核合意の再建を目指す協議が難航し減産が続くとの見方や、米国で新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、エネルギー需要が高まるとの予想が広がった。

経済の最新
もっと見る
 

天気(8月6日)

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 37℃
  • 23℃
  • 20%

  • 36℃
  • 27℃
  • 30%

  • 35℃
  • 26℃
  • 30%

お知らせ