国際

  • 印刷

 【シンガポール共同】16日開催の東南アジア諸国連合(ASEAN)拡大国防相会議の宣言草案で、ASEANの国防相で構築するホットライン網を日本や米国、中国、インドなどに拡大する方針を盛り込んだことが15日、分かった。ASEAN外交筋が明らかにした。米中間の対立で緊張が増す南シナ海問題を念頭に、不測の事態に備えて安全網を充実させる。

 米バイデン政権は中国側に危機管理のため対話の基盤を強化するように働き掛けているが、反応は鈍い。ASEANとしては米中を巻き込んだ情報交換のインフラ構築を支援し、地域安定に寄与したい考えとみられる。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ