経済 経済 新商品

  • 印刷

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)が15日発表した5月の鉱工業生産指数(季節調整済み)は前月から0・8%上昇し3カ月連続のプラスとなった。上昇幅は前月の改定後0・1%から拡大。自動車生産の改善が寄与した。新型コロナウイルス禍からの経済活動再開で需要が好調な中、半導体の供給不足による生産への悪影響が和らいだとみられる。

 5月の前年同月比は16・3%上がった。昨年5月は新型コロナ流行で大きく落ち込んでおり、FRBによると、コロナ禍前の昨年2月と比べると1・4%下回った。

 5月の製造業は前月比0・9%の上昇。

経済の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ