国際

  • 印刷
 一緒に歩く(右から)ミシェルEU大統領、バイデン米大統領、フォンデアライエン欧州委員長=15日、ブリュッセル(AP=共同)
拡大
 一緒に歩く(右から)ミシェルEU大統領、バイデン米大統領、フォンデアライエン欧州委員長=15日、ブリュッセル(AP=共同)

 【ブリュッセル共同】米国と欧州連合(EU)は15日のブリュッセルでの首脳会談後、共同声明を発表し、対中国で「あらゆる問題について緊密に協議し、協力する」と強調した。権威主義や専制主義に対抗する姿勢を明確に示し、外交・安全保障上の目的で第三国に制裁を発動する際、米EUの連携を深める方針も表明した。

 米EUは既に、中国新疆ウイグル自治区での人権侵害や、ロシア反体制派ナワリヌイ氏の毒殺未遂などに絡み、足並みをそろえる形で制裁を行っている。

 米EUは中国を巡る共通の関心事として、新疆やチベット自治区の人権侵害のほか、香港の自治・民主主義の後退などを挙げた。

国際の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ