経済 経済 新商品

  • 印刷

 17日午前の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=110円80銭近辺を付けた。4月1日以来、約2カ月半ぶりの円安ドル高水準。

 午前10時現在は前日比82銭円安ドル高の1ドル=110円75~76銭。ユーロは60銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円77~81銭。

 米連邦準備制度理事会(FRB)が利上げ開始時期を前倒しする方針を示したことで、日米金利差が拡大するとの思惑が広がり、円を売ってドルを買う動きが先行した。

 市場では「米金融政策の正常化が早まるとの見方から、主要通貨に対してドルが素直に買われている」(外為ブローカー)との声が聞かれた。

経済の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 10%

  • 34℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ