スポーツ

  • 印刷
 聖火のトーチを掲げて走る本多美紀さん=17日午前、岩手県宮古市
拡大
 聖火のトーチを掲げて走る本多美紀さん=17日午前、岩手県宮古市

 東京五輪の聖火リレーは17日、岩手県で2日目を迎えた。宮古市では、東日本大震災の津波で自宅の1階が被害に遭った高校1年本多美紀さん(15)が、国内外から受けた支援への感謝を胸に市街地を走った。

 本多さんは震災当時5歳。約1カ月半にわたって避難所生活を余儀なくされ、4カ月後にはかわいがってもらった祖父緋佐志さん=当時(80)=を震災関連死で失った。成長するにつれ、食料など物資の提供や、ボランティアで多くの人の手助けを受けたことを父政彦さん(54)や親戚から学んだ。

 聖火は2019年にラグビーW杯会場となった釜石市を経て「奇跡の一本松」の陸前高田市へ向かう。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(7月27日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 31℃
  • ---℃
  • 40%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ