経済 経済 新商品

  • 印刷

 17日の東京外国為替市場の円相場はドルに対して下落し、一時1ドル=110円82銭を付けた。米連邦準備制度理事会(FRB)が事実上のゼロ金利政策の解除前倒しを示唆したことから円が売られ、4月1日以来約2カ月半ぶりの円安ドル高水準となった。

 午後5時現在は前日比66銭円安ドル高の1ドル=110円59~60銭。ユーロは1円17銭円高ユーロ安の1ユーロ=132円20~24銭。

 朝方は日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いが先行。その後は利益確定を狙った円買いドル売りも見られた。

経済の最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 10%

  • 34℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ