生活・科学・環境 生活 科学・環境

  • 印刷
 「はやぶさ2」が採取したサンプルを、初期分析チーム(右の3人)に引き渡すJAXAの津田雄一教授(左端)ら=17日午後、相模原市
拡大
 「はやぶさ2」が採取したサンプルを、初期分析チーム(右の3人)に引き渡すJAXAの津田雄一教授(左端)ら=17日午後、相模原市

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は17日、相模原市で記者会見し、探査機「はやぶさ2」が小惑星りゅうぐうで採取した砂などの一部を、詳細なデータ取得のため初期分析チームなどに引き渡したと発表した。既に分析を始めている岡山大グループの中村栄三特任教授は「大量の水や有機物を確認した」と紹介。太陽系の成り立ちや生命の起源の解明に期待が高まる。

 中村氏によると、試料の砂から水素原子や有機物の分子が見つかった。詳細は論文で発表するとした上で「はやぶさ2の偉業は間違いなく歴史に残る」と強調した。

 はやぶさ2は昨年12月、砂など計約5・4グラムを採取して地球に帰還した。

科学・環境の最新
もっと見る
 

天気(7月29日)

  • 32℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 30%

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 34℃
  • ---℃
  • 30%

お知らせ