スポーツ

  • 印刷
 第1ラウンド、4番でショットを放つ松山英樹=トーリーパインズGC(共同)
拡大
 第1ラウンド、4番でショットを放つ松山英樹=トーリーパインズGC(共同)

 【ラホヤ(米カリフォルニア州)共同】ゴルフのメジャー、全米オープン選手権は17日、カリフォルニア州ラホヤのトーリーパインズGC(パー71)で第1ラウンドが行われたが、濃霧で進行が遅れ日没までに36選手が回り終えられなかった。4月のマスターズ・トーナメントを制した29歳の松山英樹は3バーディー、1ボギーの69で暫定5位と好発進した。星野陸也は14ホールを終えイーブンパー。

 初出場の浅地洋佑は76、2年連続6度目の石川遼は77と出遅れた。

 ラッセル・ヘンリー(米国)が67をマーク。ルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)は2ホールを残し4アンダーとした。

スポーツの最新
もっと見る
 

天気(8月1日)

  • 33℃
  • 27℃
  • 20%

  • 35℃
  • 23℃
  • 20%

  • 35℃
  • 27℃
  • 30%

  • 36℃
  • 25℃
  • 30%

お知らせ