総合 総合 詳報

  • 印刷
 河井克行元法相
拡大
 河井克行元法相

 2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反(買収、事前運動)の罪に問われた元法相の前衆院議員河井克行被告(58)に、東京地裁は18日、懲役3年、追徴金130万円(求刑懲役4年、追徴金150万円)の判決を言い渡した。高橋康明裁判長は、妻案里氏(47)=有罪確定=の当選を目指し、地元議員ら100人に計約2870万円を配ったと認定。「極めて大規模な買収といえ、民主主義の根幹である選挙の公正を著しく害する悪質な犯行」と指摘した。

 法相経験者への実刑判決は異例。執行猶予付き判決を求めていた弁護側は「到底承服できない」として即日控訴した。

総合の最新
もっと見る

天気(7月25日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ