社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 記者会見する平田雅己名古屋市立大准教授=18日午後、名古屋市
拡大
 記者会見する平田雅己名古屋市立大准教授=18日午後、名古屋市

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市)の施設に収容中のスリランカ人女性ウィシュマ・サンダマリさん(33)が死亡した問題で、支援者の平田雅己名古屋市立大准教授は18日、保護責任者遺棄致傷容疑の告発状を名古屋地検に提出し、受理されたと明らかにした。

 平田氏は国際関係論が専門。名古屋市内で18日、記者会見し「一人の市民として悲劇に心を痛めた。自分に何ができるかを考え、告発に至った」と説明した。容疑者は不詳とした。

 出入国在留管理庁の中間報告によると、ウィシュマさんは2017年に「留学」の在留資格で入国後、不法残留となり、退去強制命令を受けて昨年8月に収容された。

社会の最新
もっと見る

天気(7月24日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

  • 35℃
  • ---℃
  • 20%

  • 36℃
  • ---℃
  • 20%

お知らせ