スポーツ

  • 印刷
 複合ジャパンカップ女子決勝のリードで壁を登る野口啓代。ボルダリング、リードでともにトップとなり優勝した=岩手県営スポーツクライミング競技場
拡大
 複合ジャパンカップ女子決勝のリードで壁を登る野口啓代。ボルダリング、リードでともにトップとなり優勝した=岩手県営スポーツクライミング競技場

 スポーツクライミングでボルダリングとリードの2種目による複合ジャパンカップ最終日は19日、盛岡市の岩手県営スポーツクライミング競技場で8人による決勝が行われ、女子は野口啓代、男子は楢崎智亜の東京五輪代表勢が制した。野口は3年ぶり2度目、楢崎智は2年ぶり3度目の優勝。同じく女子代表の野中生萌は2位だった。

 昨年までは東京五輪と同じくスピードを含めた3種目で争われたが、今回は2024年パリ五輪に合わせ2種目で実施。パリ五輪の順位決定方式は確定しておらず、成績をポイント化する暫定ルールを用いた。野口と楢崎智はボルダリング、リードともトップだった。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月26日)

  • 33℃
  • 26℃
  • 10%

  • 33℃
  • 24℃
  • 10%

  • 34℃
  • 26℃
  • 10%

  • 36℃
  • 25℃
  • 20%

お知らせ