スポーツ

  • 印刷
 8回途中から登板した西武・平良。34試合連続無失点としてパ・リーグ記録に並んだ=メットライフドーム
拡大
 8回途中から登板した西武・平良。34試合連続無失点としてパ・リーグ記録に並んだ=メットライフドーム

 西武の平良海馬投手が20日、メットライフドームで行われたロッテ12回戦で登板し、34試合連続無失点として2003年の豊田(西武)、14年の比嘉(オリックス)のパ・リーグ記録に並んだ。プロ野球記録は06年の藤川(阪神)の38試合。

 3-2の八回2死一、三塁で登板し、2者連続四球を与えて前の投手が残した走者をかえしたが1/3回を投げて無安打無失点だった。平良は開幕からの記録では既にセ、パ2リーグ制となった1950年以降の記録を更新している。

スポーツの最新
もっと見る

天気(7月25日)

  • 33℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 35℃
  • ---℃
  • 10%

  • 36℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ