総合 総合 詳報

  • 印刷
 誕生したジャイアントパンダの双子の1頭=23日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
拡大
 誕生したジャイアントパンダの双子の1頭=23日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
 上野動物園で生まれた赤ちゃんパンダ2頭の父親、リーリー=21日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
拡大
 上野動物園で生まれた赤ちゃんパンダ2頭の父親、リーリー=21日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
 妊娠の兆候が出ていたジャイアントパンダの雌シンシン=21日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
拡大
 妊娠の兆候が出ていたジャイアントパンダの雌シンシン=21日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)

 東京都は23日、上野動物園でジャイアントパンダの雌シンシン(15歳)が出産し、子ども2頭が誕生したと発表した。園での誕生は2017年6月のシャンシャン(雌、4歳)以来4年ぶりとなり、双子は初めて。3きょうだいで人気を集めそうだ。

 園によると、子どもの性別はいずれもまだ分かっていない。シンシンは22日夕方ごろから出産の兆候を見せ、1頭目は23日午前1時3分、2頭目は午前2時32分に生まれた。体重は1頭だけ124グラムと判明した。

 一般的に母パンダは子ども2頭を同時に世話することが少ないとされ、園は1頭を保育器に移し、もう1頭はシンシンが抱いているという。

総合の最新
もっと見る
 

天気(8月3日)

  • 31℃
  • 28℃
  • 50%

  • 31℃
  • 25℃
  • 70%

  • 32℃
  • 26℃
  • 70%

  • 30℃
  • 27℃
  • 80%

お知らせ