社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で修復された「十坪住宅」=24日午前、岡山県瀬戸内市
拡大
 国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で修復された「十坪住宅」=24日午前、岡山県瀬戸内市

 岡山県瀬戸内市の国立ハンセン病療養所「長島愛生園」で、患者向けの広さ約10坪(約33平方メートル)の狭小な住居「十坪住宅」1棟を、ボランティア団体「ゆいの会」(岡山市)が修復し24日、記念式典を開いた。十坪住宅は、国の強制隔離政策の象徴とされる。主に戦前に建てられ、老朽化が著しく、同会などが現存する5棟の保存に向けた取り組みを進めている。

 同会によると、十坪住宅は木造平屋で1棟に複数の患者が生活。愛生園が1930年に開園して以降、各県で患者を療養所に強制収容する「無らい県運動」が広がり、愛生園では入所者が定員の400人を超えた。

社会の最新
もっと見る
 

天気(9月26日)

  • 26℃
  • 22℃
  • 50%

  • 26℃
  • 19℃
  • 50%

  • 27℃
  • 21℃
  • 60%

  • 25℃
  • 21℃
  • 70%

お知らせ