社会 社会 おくやみ

  • 印刷
 市民に公開された、サッカースタジアム建設予定地の被爆遺構=24日、広島市
拡大
 市民に公開された、サッカースタジアム建設予定地の被爆遺構=24日、広島市

 広島市は24日、広島城(広島市中区)の西側にあるサッカースタジアム建設予定地で見つかった旧日本陸軍の被爆遺構を市民ら約70人に公開した。遺構は、輸送部隊「中国軍管区輜重兵補充隊」の関連施設で、爆心地から1キロ以内にあり多くの兵士が犠牲になった。戦時中に同隊に所属した兵士の遺族らも見学した。

 輜重兵補充隊は車や馬で武器や食料を運搬する部隊。建設予定地の発掘調査で出土した厩舎、馬の水飲み場、トイレの跡などを公開し、調査員が排せつ物をためる瓶や水槽の残骸が見つかったことなどを説明した。

社会の最新
もっと見る
 

天気(9月24日)

  • 28℃
  • ---℃
  • 10%

  • 26℃
  • ---℃
  • 20%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

  • 29℃
  • ---℃
  • 10%

お知らせ